メイクで世界を笑顔にする! メイクスマイルアーティスト “ミワンダフル” 横山美和 (MIWA YOKOYAMA)

Home  >>  メイクで世界を笑顔にする! メイクスマイルアーティスト “ミワンダフル” 横山美和 (MIWA YOKOYAMA)

メイクで世界を笑顔にする! メイクスマイルアーティスト “ミワンダフル” 横山美和 (MIWA YOKOYAMA)

On 6月 3, 2015, Posted by , With メイクで世界を笑顔にする! メイクスマイルアーティスト “ミワンダフル” 横山美和 (MIWA YOKOYAMA) はコメントを受け付けていません。

札幌市出身。10代の頃より業界に従事し、2013年よりBIJIN&Co.所属アーティストに。
2011年より「メイクで世界を笑顔に!」をテーマにオリジナルのメイクブースを担ぎ世界を旅する活動、通称『MakeUpTour』を始める。
触れ合えば誰もが思わず笑顔になれる魔法のメイクに、国内はもとより世界からも注目が集まっている。
フランス・パリで開催された『第15回JAPAN EXPO』にて、札幌市の出展ブースの公式アーティストとして出演、パフォーマンスを行う。
また全国で600以上の店舗を展開するドラッグストア『マツモトキヨシ』のホームページ上にて、女性の悩めるメイク事情を解決する『マツキヨメイクラボ』の連載を開始するなど、様々な企業とのコラボレーション企画も数多くプロデュースしPRイベントや女性向けコンテンツの開発に関わっている。

Facebook
https://www.facebook.com/miwonderful
Twitter
https://twitter.com/miwonderful

INTERVIEW

美人時計と出会った経緯を教えてください

私は北海道の札幌でずっと表現活動をやっていたんですけれど、何かを生み出すこと──「面白いことを考えて、いいものを作っていこう」ということと、それをビジネスとして戦略的にやっていくことって、違うんです。
札幌からメイクの楽しさを世界中に届けていくんだっていう活動をずっとしている中で、どうやって行動を起こしていくかとか、金銭面の部分とか、ビジネス的な問題を自分ひとりで抱えてしまってどうしていいかわからない時がありました。
そんなときにBIJIN&Co.の田中社長と出会い、いろいろお助けいただけるご縁をいただいて、マネジメントをお願いしています。
美人時計というコンテンツは知っていたものの私のやっていることは全然違うジャンルだろうなと思っていたのですが、お話しをさせてもらったら自然に共鳴した感じがしましたね。

美人時計と出会う前後で変化はありましたか?

昔から、自分がやりたいと思ったことに対してはとことん突き進んできました。勢いとか情熱とかはすごくあるんですけど、ただ、道筋を作っていくのがなかな か難しいというか……。次にどう動いたらいいんだろう、っていうのはあまり考えずにやってきたんですよね。そうしたら、ついにそれを真剣に考えさせられる 時期がきてしまった。
ビジネスとはバランスを取ることだと思うし、いろんな物事にハンドリングが必要だけど、でもそれは表現活動で最もあってはいけない部分。たとえば、私の メイクは10万円です、と言ったとして、じゃあ5万円しかお支払いいただけないならやりませんっていうのは、メイクでみんなを笑顔にします! というのが 活動の根源にあるのに、結局お金なのかなって思ってしまって……でも、元手がないとやっぱり活動できないから。
そこを美人時計がマネジメントして応援してくれることで、私としては気持ちが楽になりました。ひとりでやっていたときはそのバランスを取るのが難しかったので、今はとても助けられています。
やりたいことは今も昔もずっと変わらずやり続けているけど、美人時計と出会ってからの一年ほどですごく成長させてもらったし、ウェブサービスから始まっ た美人時計が女性の新しいカルチャーを作っているのを見て、メイクで世界を笑顔にするという、言ってしまえば実態のない私の活動も、何か形あるものになる 気がしています。

メイクアップアーティストの道を志したきっかけを教えてください

学生時代は夢なんてなくて、メイクアップの活動をしようと思ったのも学校を卒業してからのことだったんですが、気付いたらこういうことになってましたね。
ビューティアドバイザーさんのメイクはカチッとしたフォーマルな感じが強いので、あまり解放的なものじゃないと思っていたんです。
もともと、メイクというよりはクリエイティブカルチャーにすごく興味があって、アートイベントに行ってそこで出会った人に、「こんな面白い人がいるん だ!」ってインスパイアされることが多かった。それで、DJみたいに自分のプレイというか、自分のメイクを見せ合うみたいな、自由度の高いパフォーマン スってメイクでできないかなと思ったのがきっかけですね。

ご自身をメイク“スマイル”アーティストと称する理由とは?

ヘアメイクの仕事をずっとやってきてやりがいを感じてはいたんだけど、最終的に私は表現者だな、と。
単なるメイクアップアーティストからは外れていきたいって思ってたし、出会った人を笑顔にするっていうことが活動の原点。だから『メイク』と『笑顔にする(make smile)』をかけて、メイクスマイル。
これもたまたま、渋谷のカフェで話してるときに偶然決まったんです。私らしいし、伝わりやすくていいんじゃない?って(笑)。

 

メイクアップツアーを始めたきっかけを教えてください

「メイクで世界を旅する」なんて、そのキーワードだけですごく面白いから、それでいいかなって(笑)。
登山家の栗城史多さんという私と同じ札幌出身の方がいるんですが、著書の中で「自分の限界を作るのは自分でしかない」という旨の記述があって。
中途半端なことをやってても自分が伝えたいメッセージは誰にも伝わらないだろうな、思いっきりやった方がいいなって考えたときに、それなら海外でしょ、と思いました。

 

メイクパフォーマンスについて、海外での反応は?

いきなり私が路上でパフォーマンスしたら、日本だったらふーんって感じだけど、海外だったらWow!! みたいな。そういうアート・パフォーマンスに対しての関心や熱意が、日本より断然高いなと。
いろんな国、いろんな人種の人々と出会うと、日本にいる自分っていうのがとても小さいものだと思えるし、日常の些細なこととか、どうでもいいってなる。小さいことに囚われちゃいけないと考えさせられるのが海外での活動ですね。
自分が普段生きてるのは、広い世界のひとつでしかない。まだまだ知らない世界がいっぱいあって、これからもそれを見ていきたいですね。

海外でも日本的なメイクを施すのですか?

海外の人は大雑把なんです。ハッピーさとか、ゆるさとか、ある種の寛大さはあるけど、身なりについては日本人ほど気にしない。日本人は外面を気にするじゃないですか。だからメイクやファッションにも細かく気を遣う。
そういう違いがあるからこそ、フロムジャパンというのはすごく大事にしていて、あえて日本人らしい『おもてなし』にこだわっています。
日本的なメイクは評判がいいですね。ナチュラルメイクだって言われます。海外の人がやっているファンキーなメイクとは違って、自然で、繊細で、美しいねって言われます。『わび・さび』みたいなものですね。メイクひとつ取っても、日本人らしさが出るんです。

 

フランスでのJAPAN EXPOに参加してみて、いかがでしたか?

アメリカでもアジアでも、クールジャパン的な日本の文化を推進してくれる国が今すごく多いけど、フランスはその傾向がとても強いと感じて、日本人より日本が好きなんじゃないかって思いました。
私のパフォーマンスもとても盛況だったんですけど、アニメ・ゲームの人気が圧倒的に高くて。コスプレイヤーさんたちのレベルがすごく高い。まるで有明や 幕張のイベントにいるような感じでした。みんな他人の目を気にしないから、日本より大胆で……コスプレイヤーの世界でしたね。
コスプレのメイクも、日本ならではなんですよ。みんな、日本人のコスプレイヤーのメイクを真似してやっているので。
コスプレイヤーさんにも何人かメイクをしたんですが、外国の人って顔の彫りが深いから、平坦な顔をしている日本人のメイクを真似しようとしても、それっ て難しいんですね。立体を平面にするメイクって、難しい。だから、どうやったらうまくメイクできるの? って質問をよく受けましたね。

今後の活動のヴィジョンを教えてください。

 

パリに行っても、アジアに行っても、ニューヨークに行っても、自分のやっていることは間違いなく面白いコンテンツだと実感しています。
それを通じて世界の人とどうつながっていけるか、という一歩を作りたい。それがここ半年くらいの目標ですね。
やっている活動への想いも、おそらく当事者にはイイ感じに伝わるんですけれど、爆発的に拡散させるためにはもうひとつ何かキラーコンテンツが必要で、それを見つけるためにも遠慮せずにやっていこう、という感じです。
今までやってきたこともこれからやろうとしてることも間違っていない。どうなるか分からないことだから面白いんだと信じて、もっと突き詰めていきたいですね。

 

BIJIN MODELのみなさんに一言をお願いします。

私はモデルさんのような容姿を持ってるわけではないです。  でも、ステージに立ってパフォーマンスをさせてもらったり、会いたいって言ってくれる人がいたりして、たくさんの人が私のパフォーマンスを見に来てくれます。
見た目だけではダメだと思う。
美人時計にはすごく素敵な子がいっぱいいるから、自分のいいところを伸ばして、自分なりの個性を大事に育てて、発揮していってください。

 

プロフィール

本名 横山美和
出身地 北海道
誕生日
身長
職業 メイクスマイルアーティスト
Comments are closed.